Good-Bye My Dokken

蛍が「娘」なら、どっけんは「兄弟(妹)」という感じがします。

同じレベルで遊び、遊んで貰った、そんな感じでしょうか。

2月26日午前1時40分。

安らかに永眠しました。

ブログでお世話になった人達へ、改めてお礼申しあげます。

今まで、我が「どっけん」をありがとうございました。

その最期を看取れる事が出来たのは、幸せだったと思います。

苦しみは少しの時間だけで、後はゆっくりと眠りにつくようでした。

寝顔はとても穏やかで美しかったです。

涙が止まりませんでしたが、どっけんは良い旅立ちをしたと思います。

寝顔にこっそりキスをして、おやすみを言いました。

どっちゃん、今まで我が家に笑顔を与え続けてくれて本当にありがとうな!

どっちゃん、ありがとうな!

「ああ、大蛇山を見守ってくれよ…」

あっちで会おうな

「天国にしろっ!(`0´;)」

もう一度会いたい

「あと半世紀は生きらせろっ!(`0´*)」

ずっとお前らしく

「いつまでもずうずうしいやつだ…(^^;)」

Yukiおじといつも一緒だったな

「Yukiおじは置いていけよ~」

Ha-chanも泣いたよ

「Ha-chanは天敵だったなぁ(笑)」

大切な宝物


これらの写真は宝物。

本当に、永遠の思い出です。

どっけんは、心の中と「野良猫一座物語」で生き続けます(`▽´*)

どっけんからも、皆様方にお礼があるそうなので、聞いてやって下さい!

絶対に忘れないぞ

本当に、今まで、どっけんをありがとうございました!


これからは、蛍物語で…m(__*)m

映像制作中っす…。