猫の聴覚について

愛猫・蛍を譲り受けてから、色々と猫について自分なりに勉強しています。
まず感覚が鋭い!足が速くジャンプ力が凄い!というのが猫のイメージではありました。

ちなみに嗅覚・聴覚が凄い動物…というと、なんとなく犬をイメージします。
で、色々と調べたところ、「嗅覚の犬、聴覚の猫」という言葉があるんですね。

つまり、「におい」に関しては犬、「音」に関しては猫の方が感じやすい…という印象なんでしょうか。
たしかに、我が家に居付いてしまった、元々は余所様の猫・ころん坊は、僅かな音でも敏感に反応します。
「ビビり過ぎ~~」と言うレベルで。
猫の聴覚


で、聞こえる音の幅を調べてみました。

人と犬と猫の聴覚の差

人・・・20Hz~20kHz
犬・・・20Hz~50kHz
猫・・・30Hz~60kHz

犬と猫は、人間が聞こえてない音(超音波)が聞こえているという…(^^;)
聞こえる幅で言えば、犬と猫では差はないんですが、猫の方が高い音を聞きとっているんですね~。
猫には超音波が聞こえる

研ぎ澄まされた聴力は野生時代の猫の習性

猫の優れた聴力は、野生時代に獲物が出す「微かな音」を聞き取るために養われてきたと思われています。
夜行性の猫は、暗闇の中で見えない獲物の位置を耳で判断してたんですね。
猫の習性

おそらく蛍は猫の習性を失ってるのではなかろうか…(^^;)
夜中に地震があった時も布団の中で熟睡しておったが…(笑)


猫は飼い主の声を聞き分けることができる

更に猫好きの方に朗報!!
飼ってる人は、なんとなくわかってたとは思いますが…。
平成25年に、猫は飼い主の声を聞き分けることができるという事実が、東京大学研究チーム実験にて判明!
【ニュース動画】

猫は耳に自信あり

蛍、お前は俺の声と解ってて無視し続けているのか…。