9月, 2006年

守り神、冬眠に入る前か!?

2006-09-24

おや?これってもしかして(´-`*)
ぴょん吉くん

また、なんでこんな所に…。

守り神だぜ!

毎度の事ながら、不思議に思います。

何の為に、どれだけの時間をかけてここまで登ったのか…(´-`*)

前回、皆様の高得点の採点により、また出場できたぴょん吉くん。

一応、聞いてみました「なんで、そんなところにいるの?」と。

お別れに来たのさ

「お別れのために、こんなところに登らなくても良さそうだが」と内心では思いましたが。
そうだなぁ~。台風で畑も全滅に近いしなぁ。

「来年もまた我が家の守り神として、頑張ってくれるかい?」(俺)

当たり前じゃないか!

悪口なんかも言ったりしたけど寂しくなるなぁ、ぴょん吉くん。

「冬眠頑張れよっ!」(俺)

お互い大切な存在だよな(涙)

「そう言って貰えると嬉しいなぁ。
守り神として聞いておきたいんだけど、ニンニクは何処に植えるのさ?」(ぴょん吉くん)

まさか、冬眠しながら見守ってくれるのか!!(`0´*)

感動のあまり、一瞬自分は声を出す事ができませんでした。


そしたら反対側からの木の枝から声が…。
さっさと教えろ!

「え!?ま、まぁすぐ上の畑の一番手前側ですが…」(俺)

これで梅雨までの食料は確保だな(笑)

「ニンニクはスタミナつくから、来年もバリバリだなっ!」(ぴょん吉A)

「そうですね!!」(ぴょん吉B)

「なぁ~っはっはっはっ~~」(ぴょん吉A&B)

お前ら、さっさと眠れっ!!(`0´*)


ぴょん吉くん、今日のオチは!?

2006-09-02

ぴょん吉くん


また我が家の守り神が、「なんでこんな所に…?」という所に居ました(´-`*)

聞くつもりもなかったのですが、勝手に「ぴょん吉くん」は説明してくれました…。

カメレオン知ってる?

「もちろん知ってるけど、カメレオンがどうしたのさ…?」(俺)

「馬鹿だなぁ…ようするに後ろの色と同じ色になれば、害虫は気付かずに近づいてくるだろぅ?」(ぴょん吉くん)

…たしかに、ぴょん吉にそんな事が出来るなら、今までの「疫病神」呼ばわりも完全に撤回せざるを得ないほど凄い事だぞ!(`0´*)

まぁ黙って見てなさいよ(笑)

「了解、わかった!」おそらく大変な集中力を要するのだろう…。
ここは静かに見守っていよう…ドキドキ(`-´;)

こ~の~世~で一匹♪

し、信じられない!
その時、ぴょん吉くんから、オーラのようなモノが出始めたのです!(`0´*)

ま、まさか今回は本気なのか!?期待せずにはいられない俺。

さすがは我が家の「守り神」、今まで馬鹿にして本当にごめんね…(´0`*)

自分に反省しながら、ぴょん吉くんを見ると…。

まさかの背景?

「どうよ?ちょっとビックリした?」(ぴょん吉くん)

う~ん…、ある意味凄いよね…。
まさか背景の方とはね…(´-`*)

「後ろの色なら、どんな色でも緑色に変えられるようになったのさっ」(ぴょん吉くん)

害虫は緑の葉っぱを食べに集まるから意味ないだろっ!!\(`0´*)/
もう、自分にはそんな言葉を言う気力も失いました…。


皆さんの採点によっちゃあ、二度と登場の可能性が無くなるかもしれない、我らが「ぴょん吉」…。
どうなる?(笑)