11月, 2014年

子犬の寝言!!(´▽`*)

2014-11-30

まず隣の人形が気になりますが…。

これは夢見ているのかな??(´▽`*)
最初の方は小さい寝言なんですけど、途中で遠吠えやってます(笑)
「気を付け」の姿勢のまま、寝言を繰り返している子犬、これは反則、可愛すぎ~~!
おススメ!!


仰向けで眠る子犬、可愛すぎ(´▽`*)

2014-11-30

仰向けで爆睡しているビーグルの子犬ちゃん。
反則的可愛さですね~~(´▽`*)

飼い主さんが、お腹をサワサワしてあげると、気持ちが良いのか、足をバタつかせます!
萌え決定動画!おススメ♪

途中で、他の子犬たちも何事かと寄ってきています(笑)

子猫の動体視力テスト…一匹だけは(笑)

2014-11-29

四匹の子猫、可愛いですね~~これは(´▽`*)
こうやって動くものに反応するし、手を伸ばしたりなんかしてます(^^)

しかし…。
一匹だけ、完全にお眠やないか!(笑)

我関せず…的なマイペースな猫の資質を感じます。

親猫が見せる子猫への愛情が泣ける。

2014-11-28

赤ちゃん猫をギューっと抱きしめる親猫の愛情が伝わってくる動画です。

動画の15秒くらいから、前足をピクピクっと動かす子猫が可愛い~~(´▽`*)

そして動画の30秒くらいから、親猫がグイッと抱き寄せる姿は、感動的。
愛しくてたまらないのでしょう。
これが真の親の愛情。
込み上げくるものがあります。
スキンシップは絶対に大切だわ、人間も。
赤ちゃん猫は「お母さんに守られている」っていうのを無意識に覚えているはず。
それが優しい愛情を受けて育つってことじゃないかな~~なんて思いました。

美しいです。

猫パンチの応酬~右が有利(笑)

2014-11-27

ひたすら、猫パンチの応酬を繰り広げています(笑)
右の猫はテクニシャンで、ジャブを上手く使ってますね。
これが功を奏していて、隙を与えない。
そして相手の大振りを見て、左フックが何度か入っています
左側の猫は、低い位置からの攻撃になるので、やはり厳しい戦いを強いられていますね。
パンチが入った時の表情が可愛くてウケるww

この猫パンチの応酬は、恐らく、高い場所に座りたいがために、左の猫が仕掛けたんじゃなかろうかと想像できます(笑)
けど高い場所に居る猫にとっては、楽な戦いだったでしょうね(^^;)

楽しすぎwww

顎が外れる猫のおもしろ動画(笑)

2014-11-25

これはツボだわ…見れば見るほど面白くなってくるww
顎が外れているのか、口を開けているだけなのか。
にしても、こんだけ長いこと口を広げ続ける猫は見たことがありませんね(笑)
ウケを狙わない猫たちなのに…申し訳ないけど楽しすぎ。
22秒くらいからのカメラ目線、そしてクイッと首をスライドさせるとこあたりが来る!(爆)

結論として、猫も口を広げていると驚いてる感じに見えるということね。

ちなみに、ちゃんと顎は元に戻ったそうなので安心してください(^^)
こちらのブログでその後まで書いてあります>>

猫パンチならぬ、犬パンチ?

2014-11-24

今日は子犬の動画です(^^*)
以前、我が家も「どっけん」という柴犬を飼っていました♪

この子犬は、お母さんのことが大好きでしょうがないって感じですね。
時折、顔面を狙って犬パンチを繰り出しています(笑)

スキンシップこそ、ちっちゃい頃に大切な愛情表現のような気がしてきますね、これを見ると。
にしても可愛え~~~~(´▽`*)


やんちゃな子猫をしっかりと教育してます(^^*)

2014-11-24

子猫ちゃん、可愛いんですけど、結構やんちゃ(笑)
短気なのかな?(^^;)
けど、大人の猫がしっかりと痛みを教えてあげています。
本気で噛んではいけません!とばかりに(^^*)
こういう風にしっかりと教育することで、成長した時にみんなと上手くやっていけるようになるんでしょうね~~。
人間界と同じだと…。

動画の30秒くらいのところで、肩固めに入ってるのがツボ(笑)

猫の日向ぼっこについて

2014-11-23

猫の日向ぼっこ

猫と日向ぼっこの組み合わせって、容易に想像できます。

ホントあったかい場所が好きなんだろうなぁ(^^*)
気持ち良さそう~~に寝てます。
我が家の愛猫・蛍は、真夏でさえも太陽の下で寝てることがあるという…(室内飼いですが、庭までは出られるようにしてます)

で、色々と調べたところ、単に日向ぼっこが気持ち良い…という理由だけでは無いらしいんですね。

ダニやノミ、シラミの駆除

猫は全身が毛皮のようなもので、当然、ダニやノミ、シラミが毛の中に入り込んできます。
ノミがいる時などの猫は、急に掻き毟ったりし始めて、やはり気分は良くないはずです。

日向ぼっこをすることで、こういった虫たちを駆除する効果を得ているんですね、納得。
※ダニを駆除するために布団を干すイメージで考えるとわかりやすいかもしれません。

皮膚病予防

湿度が高いと、どうしても体毛に水分が付きます。
日向ぼっこをすることで、その湿度を飛ばして乾燥させるという理由も考えられるようです。
色んな菌は水分によって繁殖しますので、菌の繁殖を防ぎ、結果、皮膚病の予防につながります。

ビタミンDの体内合成

栄養補給という観点からも考えられます。
日光に含まれる紫外線を浴び、でビタミンDを体内合成する(これは人間も同じです)。
※猫の毛の根元に皮脂腺があり、日向ぼっこでビタミンDができる成分が含まれている。
日向ぼっこの後に毛繕いをして、舌からビタミンDを摂取します。
ビタミンDが活性化されると、カルシウムが骨に吸収されやすくなります。

日光を浴びることにより、食事で摂取したカルシウムが骨にしっかりと吸収され、丈夫な骨を作り上げます。
骨に関わる病の予防には、特に大切だと思いました。

「猫の日向ぼっこ気持ち良さそう~~」とだけしか思ってませんでしたが、重要なんですね!
非常に合理的で感心します(^^)
大切な愛猫、ゆっくりと日向ぼっこさせてあげたいなぁ~~と思う次第です♪

語り合う二人…マジで喋ってる感じ(笑)

2014-11-23

「OK」と聞こえたりするから笑えてくるわww
普通に会話してる感じで驚いてしまいます。
それほど息がピッタリ合ってます。

一匹が喋って、もう一匹が相槌を打つ…的な。
主導権は左の猫が握ってて、右の猫はイエスマンっぽい感じ(笑)