「野良猫一座物語」~テーマ曲~
音楽:酔いどれ兄さん

上の音楽を再生しながら読むと、尚、物語を楽しむことができます(^^)

第二章・ボスの雄叫び

HOME野良猫一座物語-第一部>第二章・ボスの雄叫び
犬界にもリーダー「ボス」

野良猫一座に座長がいるならば、犬の世界にもリーダーがいる。
その名は「ボス」。
気性が激しく、とにかく吠える。

そんな犬界のトップが、子分であるナイスガイ権兵衛を馬鹿にされて黙っているはずはなかった。

ボスは、野良猫一座へ宣戦布告を言い渡したのだ。
雄叫びを上げ、仲間を鼓舞する。
「やつらを許すな」と。

ナイスガイ権兵衛は、一座の者を見かけたら追いかけ、吠える。
しかしどっけんは、いまだ興味無し状態。
「面子を潰されたのは、権兵衛じゃないの?だったらもとから…」
猫vs犬??


夜中に眼を光らせ、ボスの縄張りを荒らす野良猫一座の猫たち。

何が起きているのか。
ほとんどの者が、それすらも解らぬままに、この抗争に巻き込まれていった。

歯車がほんの少しでもずれれば、全てが狂いゆく。
故意にずらした者が何処かにいるのだろうか。

山間部の一角の小さな集落で、動物界を揺るがす大きな戦いが始まった。

次の章へ>>
<<前の章へ

この章の出演者

ボス
-ボス-
その名の通り、誰もが尊敬する「ボス」。
子分「ナイスガイ権兵衛」が一座の罠にかかり、黙っていられる訳にはいかなかった。
続きを読む>>

ナイスガイ権兵衛
-ナイスガイ権兵衛-
2005年・秋、この田舎に辿り付いた。
いいヤツだが…名無しだった為「ナイスガイ権兵衛」と命名。
続きを読む>>

どっけん
-どっけん-
柴犬メス…しかし自分の事を人間だと信じている。
自分が一番偉いと思っているが、この抗争で成長して…。
続きを読む>>

愛しの出演者たち