「野良猫一座物語」~テーマ曲~
音楽:酔いどれ兄さん

上の音楽を再生しながら読むと、尚、物語を楽しむことができます(^^)

第三章・BigJohnの願い

HOME野良猫一座物語-第一部>第三章・BigJohnの願い
BigJohn

幼い頃にボスに可愛がられていたBigJohnという犬がいる。
九州は筑後川周辺を縄張りとする大物へと成長したBigJohn、彼は野良猫一座-座長・鬼猫院もまた尊敬していた。
「犬だとか、猫だとか、そんな括(くく)りに何の意味がある、大切なのはハートが通じ合うかどうかじゃないかい」
彼の口癖であった。

しかし、今回の突然の騒動(野良猫一座と犬軍団の抗争)に、尊敬する二人の愚行を訝しみ、また不安を感じずにはいられなかった。

そこで彼は自筆の便りを出すことになる。
勿論それは、ボス座長・鬼猫院への「和平」を促す便りである。
その二通の便りは、信頼できる黒猫のヤマトの手へと渡されていた。

しかし、その便りは結局、双頭の元に届く事は無かった。

業界でも常にトップクラスの業績を残している黒猫のヤマト
彼は「ある猫に、便りの検閲を受けた」と、側近の猫に洩らしている。

「ある猫」について、決して語ろうとはしない黒猫のヤマト
彼ほどの猫が言えない名前とは。

いったいどういう事なのだろう。
謎は深まるばかりだった。

そしてBigJohnは、次第に抗争の事を忘れていった。
犬と猫、それぞれの双頭

次の章へ>>
<<前の章へ

この章の出演者

BigJohn
-BigJohn-
筑後川周辺の地域を縄張りとする大物に育ったBigJohn。
野良猫一座とボス軍団との抗争に疑問を持つ。
続きを読む>>

ボス
-ボス-
その名の通り、誰もが尊敬する「ボス」。
子分「ナイスガイ権兵衛」が一座の罠にかかり、黙っていられる訳にはいかなかった。
続きを読む>>

座長「鬼猫院」
-座長「鬼猫院」-
旅役者「野良猫一座」座長。
優しさと厳しさを兼ね備えた、リーダーとして完璧な猫。
続きを読む>>

黒猫のヤマト
-黒猫のヤマト-
「野良猫一座」のお届け係。
様々な情報や友好関係など広いネットワークを持つ。
続きを読む>>

愛しの出演者たち