アビシニアン-Abyssinian

HOME猫の種類>アビシニアン
アビシニアン 上写真-著作者: Aleksander Markin

まず大きい耳が特徴的で、タフト(耳の先にある毛)があります。
目も大きく、アーモンド型で、パッチリとした瞳。
体はフォーリンタイプ(スレンダーながらも筋肉質)で、運動神経も良く活発な性格で、社交的でも猫。
肉球は小さめです。
美しい鳴き声は「鈴を転がしたよう」と形容されているほど。
短毛で、色の種類も豊富。

美しい姿で高貴なイメージが強いアビシニアンですが、性格的には甘えん坊が多く…なんかギャップ萌え~~♪

起源・歴史

起源:1860年代
原産国:エチオピア

いろいろと調べてみると、なんと「クレオパトラに飼われた猫」とも言われていたそうです!
古代エジプトの壁画などで、アビシニアンに似た猫が描かれたりもしています。
※あくまで、ひとつの説で、定かではありません。
そりゃ高貴な雰囲気を醸し出しているはずですね~~(^^;)

20世紀初めにイギリスで戦争などによって絶滅の危機に瀕しますが、1930年代までにはアメリカとフランスで猫種としての地位を確立。

なお、日本で最初にアビシニアンが登録されたのは1964年。